なにかお困りですか?

ユーザーがVPNに接続中、ISP はどのような情報を確認できますか?

この記事は、英語フランス語ドイツ語スペイン語 韓国語オランダ語 、ポーランド語 、ポルトガル語(ブラジル)スウェーデン語 でもお読みいただけます。

NordVPNサーバーに接続すると、ISPはユーザーがVPNサービス(この場合はNordVPN)が所有するIPに接続していることを確認できます。また、接続時間とVPNプロトコルが使用しているポートを知ることができる場合もあります。さらに、ISPはご利用中のデバイスから送受信される通信量を確認できます。

これ以外にISPが知ることができる重要なことは、ユーザーの実際のオンライントラフィックがISPから見えないように隠されているという事実だけです。つまり、ISPは次の情報にアクセスできなくなります

  • ユーザーが訪れるウェブサイト
  • ユーザーが閲覧するウェブサイトと滞在時間
  • ユーザーの閲覧履歴・検索履歴
  • 暗号化されていないウェブサイトからユーザーがダウンロード・アップロードするファイル
  • 暗号化されていないウェブサイトにユーザーが入力する情報

それでも、ISPが一部の情報を確認できるのはなぜですか?

ユーザーが訪れるウェブサイトへの接続を実行するのがISPであるためです。ユーザーがリクエストというかたちでデータパッケージを送信すると、ISPはそれを適切な送り先に送信します。VPNに接続すると、ユーザーはISPにそのリクエストをVPNサーバーに送信するよう指示することになります。

それでも、そこからはVPNサーバーがパッケージを引き継ぐため、ISPは最終的な送り先を知ることは一切できません。

要約すると、VPNの使用中、ISPが確認できる情報は次のとおりです。

  • VPNサーバーのIPアドレス
  • 接続時のタイムスタンプ
  • VPNプロトコルが使用しているポート
  • ユーザーの送受信データ量
  • ユーザーとVPNサーバー間で送受信される暗号化されたデータ・解読不可能なデータ

このような理由から、 VPNでISPによるトラッキングを阻止し、プライバシーを保護することをおすすめします


ヒント:VPN接続の安全性は、アカウントのパスワードの強度にも左右されます。アカウントには必ず強力なパスワードを使用してください。それにより、クレデンシャルスタッフィング攻撃を回避し、接続を安全かつ中断することなく維持できます。

強力で安全なパスワードを作成・記憶するのは簡単ではありません。 NordPass のような無料パスワードマネージャーのダウンロードと使用をおすすめします。パスワードマネージャーは強力なパスワードを作成して安全に保管するため、時間のかかるパスワードのリセット作業を回避できます。

© Copyright 2022 all rights reservedセルフサービス:Bold360