なにかお困りですか?

どのプロトコルを選ぶべきですか?

この記事は、英語ドイツ語フランス語スペイン語でご覧いただけます。

NordVPNは、VPNサービス 向けにさまざまなセキュリティプロトコルをサポートしています。ユーザーのニーズが多様であるように、これらのプロトコルもそれぞれセキュリティレベルや目的が異なります。各プロトコルの長所と短所を、しっかりとご理解いただくことをおすすめします。自由に選んでいただきたいのはもちろんですが、最適なプロトコルを選べるよう、以下の情報が参考になれば幸いです。

1. OpenVPN

OpenVPNは、成熟した強力なオープンソースのソフトウェアであり、信頼性が高く安全なVPNサービスを提供します。TCPポートとUDPポートの両方で使用できる汎用性に優れたプロトコルです。OpenVPNは、多くの強力な暗号化アルゴリズムや暗号に対応しています。ユーザーのデータを確実に保護するために、NodeVPNではAES-256-GCMを4096ビットのDHキーと併せて使用しています。こちらは、特にセキュリティ意識の高いユーザーにおすすめです。

2. IKEv2/IPsec

IKEv2/IPsecは、強力な暗号化アルゴリズムとキーを採用することで、ユーザーのセキュリティとプライバシーを大幅に向上します。NordVPNでは、IKEv2/IPsecでNGE(次世代の暗号化)を使用しています。フェーズ1キーを生成する際は、整合性を保証するSHA2-384とともに、暗号化にAES-256-GCMを使用します。さらに、3072ビットのディフィー・ヘルマン鍵を用いたPFS(Perfect Forward Secrecy)も使用しています。さらに、IPsecは、強力なAES-256を使用してクライアントとサーバー間のトンネルを保護します。このプロトコルは、ユーザーが安心できるセキュリティと安定性、そして速度を提供します。

3. WireGuard( NordLynx )(NordVPNが推奨するプロトコルで、当社のほとんどのアプリに使用されています)

WireGuardは、VPN業界全体で評判の最新かつ最高速のトンネリングプロトコルです。現時点で主流であるOpenVPNやIPSec/IKEv2をしのぐ最先端の暗号化技術を使用しています。しかし、まだ実験的なプロトコルと考えられているため、VPNプロバイダーはWireGuardの弱点を補うために新しいソリューション( NordVPNのNordLynxなど )を検討する必要があります。

WireGuardは、最新で非常に高速、かつ少しも無駄のないアーキテクチャとなっており、徹底した学術研究に基づいて開発されました。わずか4,000行のコードで構成されているため、展開、検証、またバグの発見を簡単に行えます。比較すると、OpenVPNは40万行のコードを基に動作しています。つまり、WireGuardはOpenVPNの大規模なアーキテクチャのわずか1%ということです。NordLynxは現在、NordVPNのアプリにデフォルトで使用されています。

もっと詳しく知りたい方はこちら

NordVPNをYouTubeでチェック!


ヒント:VPN接続の安全性は、アカウントのパスワードの強度にも左右されます。アカウントには必ず強力なパスワードを使用してください。そうすることで クレデンシャルスタッフィング 攻撃を回避し、接続を安全かつ中断することなく維持できます。

強力で安全なパスワードを作成・記憶するのは簡単ではありません。 NordPass のような無料パスワードマネージャーのダウンロードをおすすめします。パスワードマネージャーを使用すると強力なパスワードを生成して安全に保管できるため、パスワードをリセットする手間を省くことができます。

© Copyright 2022 all rights reservedセルフサービス:Bold360