なにかお困りですか?

Windows 10のモバイルホットスポットを介してVPNを共有する

この記事は、韓国語英語フランス語ドイツ語イタリア語スペイン語オランダ語 ポーランド語ポルトガル語(ブラジル) スウェーデン語 でもお読みいただけます。

  1. 設定 > ネットワークとインターネット > モバイルホットスポットに移動します。
  2. Wi-Fiを選択し、モバイルホットスポットを有効にします。

    モバイルホットスポットボタンは、左メニューの機内モードボタンの下にあります。
     
  3. 設定 > ネットワークとインターネット > アダプタのオプションの変更に移動します。

    アダプターの切り替えオプションは、メニューの中央下、ボタン上の共有オプションの上にあります
     
  4. TAP-NordVPN Windowsアダプタを右クリックし、プロパティを選択します。

    注:アダプタを調整した後、NordVPNアプリ内で対応するプロトコルに切り替える必要があります。この場合、TCPまたはUDPプロトコルに切り替えます。

    プロパティは、リネームオプションの下にあるオプションです。
     
  5. 共有タブを選択し、他のネットワークユーザーにこのコンピューターのインターネット接続を介した接続を許可するチェックボックスを有効にします。ドロップダウンメニューからたった今作成したばかりのホットスポットを選択します。その名前はMicrosoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterとタグ付けされたアダプタの上にあります。

    ローカルエリア接続アイコン
    コネクション共有ウィンドウ
     
© Copyright 2022 all rights reservedセルフサービス:Bold360