なにかお困りですか?

Fedora、openSUSE およびQubesOS LinuxへのNordVPNのインストール

この記事は韓国語英語フランス語ドイツ語オランダ語イタリア語スペイン語ポルトガル語-(ブラジル) ポーランド語でもお読みいただけます。

LinuxデバイスでNordVPNサーバーに接続するには、NordVPNネイティブアプリケーション使用が推奨されています。アプリはユーザーの利便性を念頭に設計されており、CyberSec、自動接続、自動Kill Switchなどに簡単にアクセスできます。

このチュートリアルでは、NordVPNアプリをダウンロードして FedoraQubesOSディストリビューションにインストールし、ログインしてサーバーに接続する方法について説明します。さまざまな設定に関する説明もあります。

アプリのダウンロード。

1. 端末を起動して以下のコマンドを入力し、画面の指示に従いNordVPN Linuxクライアントをダウンロードします。

sh <(curl -sSf https://downloads.nordcdn.com/apps/linux/install.sh)

curlパッケージがなく上記のコマンドが動作しない場合は、代わりに次のコマンドを使用してください
sh <(wget -qO - https://downloads.nordcdn.com/apps/linux/install.sh)


2. NordVPNのアカウントにログインします。

nordvpn login

3. NordVPNサーバーに接続します。

nordvpn connect


設定

NordVPNクライアント設定にアクセスするには、端末でnordvpnコマンドを入力します。

使用可能なコマンドのリストは次のとおりです。

ログイン:nordvpn login
VPNへの接続:nordvpn connectまたはnordvpn c

特定のサーバーへの接続:nordvpn connect <country_code server_number>(例:nordvpn connect uk715

VPNから切断:nordvpn disconnectまたはnordvpn d

構成オプションの設定:nordvpn setまたはnordvpn s

利用可能なオプション:
Threat Protection Liteの有効化または無効化:nordvpn set threatprotectionlite onまたはoff
Kill Switchの有効化または無効化:nordvpn set killswitch onまたはoff
自動接続の有効化または無効化:nordvpn set autoconnect onまたはoff

次のコマンドを使用して特定のサーバーへの自動接続を設定できます:nordvpn set autoconnect on country_code+server_number。例:nordvpn set autoconnect on us2435

カスタムDNSの設定:nordvpn set dns 1.1.1.1 1.0.0.1(このコマンドが示すように1つまたは2つのDNSを設定できます)

UDPTCPプロトコルの切り替え:nordvpn set protocol udpまたはtcp
難読化サーバーの有効化または無効化:nordvpn set obfuscate onまたはoff

受信ポート22を開く(ポート番号は異なるものを設定することもできます):nordvpn whitelist add port 22
上記コマンドで追加したルールの削除:nordvpn whitelist remove port 22
指定したサブネットをホワイトリスト化するルールの追加:nordvpn whitelist add subnet 192.168.0.0/16
指定したサブネットをホワイトリスト化するルールの削除:nordvpn whitelist remove subnet 192.168.0.0/16

現在の設定の削除:nordvpn settings
接続ステータスの表示:nordvpn status
国リストの表示:nordvpn countries
都市リストの表示:nordvpn cities例:nordvpn cities united_states
利用可能なサーバーグループの表示:nordvpn groups
ログアウト:nordvpn logout
コマンドのリストまたは1つのコマンドのヘルプを表示:nordvpn helpまたはnordvpn h

端末でman nordvpnコマンドを実行すると、コマンドの完全なリストを表示できます。


ヒント:VPN接続の安全性は、アカウントのパスワードの強度にも左右されます。アカウントには必ず強力なパスワードを使用してください。れにより、クレデンシャルスタッフィング攻撃を回避し、接続を安全かつ中断することなく維持できます。

強力で安全なパスワードを作成・記憶するのは簡単ではありません。NordPassのような無料パスワードマネージャーのダウンロードと使用をおすすめします。パスワードマネージャ
そうすることでーが安全なパスワードをすること作成し安全に保管するため、時間のかかるパスワードのリセット作業を回避できます。

© Copyright 2022 all rights reservedセルフサービス:Bold360