How can we help you?

NordVPNを使う際のルーターの設定

Note: if you are looking for English version of this article, click on this link.

2018年12月1日、NordVPNのサーバーはL2TP/IPsecPPTP 接続のサポートを停止したことにご注意ください。つまり、一部のルーターでは安全なVPN接続ができないことを意味します

詳しくは、こちらをご覧ください:https://nordvpn.com/jp/blog/l2tp-pptp-protocol-update/

 

保護したいデバイスをたくさんお持ちの場合には、VPN接続ルーターを設定いただくのが便利です。また、直接VPNをサポートしていないデバイスがある場合にも役立ちます。

どのルーターが最適でしょうか?パフォーマンスとセキュリティの両方を考慮して、NordVPNとの使用を推奨するルーターについての記事はこちらです

ルーターでVPN接続を機能させるには、OpenVPNに対応している必要があります。さらに、NordVPNサーバーに接続できるように、(「サーバー」ではなく)「クライアント」としてサポートできる必要があります。

まずは、お使いのルーターが必要なプロトコルに対応しているかどうかを確認してください。そのためには、a) ルーターのユーザーマニュアルを読む (通常、製造元のウェブサイトにあります)、b) 小売店に問い合わせるか、c) ルーター設定を確認します。大部分のISP配布のルーターは、VPN構成には対応していないことにご注意ください。

注意:ルーターが 「パススルー」モードでサポートされるプロトコルをリストしている場合には、おそらく機能しません。「パススルー」とは、ルーターが接続しているデバイスからのVPN接続をブロックしないことを意味します。ただし、ルーター自体を構成できるかどうかはわかりません。

こちらは、さまざまなルーターとそのファームウェアのチュートリアルのリストです。

ヒント:ルーターには強力なパスワードを使用するのを忘れないでください。ネットワークに歓迎しないゲストが入ってくるのを防ぐ助けとなります。強力で安全なパスワードを生成して記憶することは簡単ではないため、当社の無料パスワードマネージャー NordPassのダウンロードをお勧めします。安全なパスワードを生成し、将来的な時間のかかるパスワードのリセットを回避できます。

Related Articles

© Copyright 2020 all rights reservedSelf-service byNanorep